がま口

がま口のお手入れ

Sponsored Link

がま口のお手入れについて

布製のがま口の場合

帆布のがま口

Sponsored Link

私はハクション大魔王のがま口に憧れて

からくさ 模様のがま口ポシェットを購入しました。

2012年のことです。

今までに、3つのグリーンのがま口ポシェットを購入しました。
購入するたびに大型のものを注文し

がま口ポシェット小→がま口ポシェット中→がま口ポシェット大と
値段もがま口も大型化していきました。

しかし、せっかく、お気に入りの
※ハクション大魔王が持っているようながま口ですが
素材が帆布だったため
※ハクション大魔王についてはこちらからhttps://nankitsuchu.com/2019/03/19/what-is-the-hakshon-great-devil/

しばらく使用していると
手垢でだんだん白っぽくなってくるのでした。

日光の紫外線でで日焼けしてしまっている
可能性もあると思います。

そこで、帆布でできたがま口の
お手入れについて考えてみたいと思います。

帆布のがま口の洗浄方法

洗濯機で洗うのはNG

汚れが目立ってきたので初期の頃は
そのまま、洗濯機に入れて洗ってしまえばいいや

くらいに思っていましたが
これは最悪の方法です。

なぜなら、帆布のがま口は
口金とがま口部分を接着剤で固定している場合が多く

洗濯機で回してしまうと
口金が歪んだり、口金ががま口から離脱してしまう
可能性があるからです。

また、口金と帆布の隙間を
紙縒り状に折った紙で隙間を塞いでいることが
大半なので水洗いをしてしまうと

この紙がはずれてがま口バッグの中に
はみ出してきてしまうこともあります。

帆布のがま口のオススメの洗浄方法

表も裏も布でできたがま口でしたら

普段選択する時に使用している中性の布用の洗剤や染抜き洗剤を
風呂桶などに入れて水で薄めて付近やタオルを浸し
固く固く絞って、汚れが気になるところを

叩くように汚れを拭き取る方法がオススメです。

革製のがま口の場合

革製のがま口のオススメの洗浄方法

革製の物は、一般の革製品と同じようなお手入れができます。

革専用のワックスやクリームでお手入れをします。

特に革製品は磨けば磨くほど光沢や艶が増していきますので
定期的に丁寧に磨いてあげてください。

特に開閉する際に動く口金部分は
ホコリや汚れが溜まりやすいので注意深く磨いてください。

口金のお手入れ

口金が緩くなってしまったら

ハクション大魔王のからくさのがま口を手に入れて
何度も使っているとだんだんがま口の口金部分が緩くなっていきます。

そうすると、あのパチンという開閉時の
気持ちの良いサウンドの感覚がなくなっていきます。

せっかく憧れのハクション大魔王からくさがま口を
入手したんだからいつまでも気持ちよく
「パチン」と閉まるサウンドを楽しみたいですよね?

口金が緩くなってしまったら、自分で調整してみましょう。

がま口の口金を自分で調整する方法

私も自分で実際にやってみましたが
ハクション大魔王のからくさがま口の口金の調整は意外と感です。

ものの3分もあればできてしまいます。

用意するものはラジオペンチです。

自家用車の工具箱に入っている物で十分対応できます。
手芸用の小さなものでも大丈夫です。

がま口の口金の調整の仕方

がま口の口金についている丸い玉の部分をペンチで挟み

内側に寄せる感じで調整します。

左右の玉をお互いに近づける感じで調整してあげれば
あっという間に「パチン」音が復活します。

いきなり強い力で調整してしまって左右の玉が近づきすぎると
固くなってしまったり折れてしまったりする場合もあるので

あくまで優しく調整してください。

口金の玉を傷つけないために
玉の部分を手ぬぐいなどの布で

ペンチが当たる部分に当ててあげながら
調整するといいと思います。

自分で口金の手入れをするのが不安な場合

自分でペンチを持って調整するのが
壊してしまいそうで不安だというお気持ちよく分かります。

私も最初はそうでした。

私の場合はスマホを入れているショルダーポーチを
唐草模様のがま口で使用していたのですが

車の運転をしている時に

背中側にがま口が回ってしまい

体重がかかって口金が変形してしまったことがありました。

自分で直そうかとも思いましたが買ったばかりでしたし
不安だったので、購入したあやの小路さんにメールを送って
修理が可能か問い合わせました。

調整が不安な場合は購入店で調整してもらうことも可能

何度かメールのやり取りをして
修理調整にかかる時間、金額を確認し

大事ながま口を丁寧に梱包し

購入したお店である
あやの小路さんに発送しました。

約1週間ほどでもとどおりになって返ってきました。

送料も含めて約2000円程の出費でしたが

やはり専門家にお任せすることで
安心して依頼することができました。

自分で調整をしてさらに悪化させてしまう可能性を考えれば
プロにお任せするのも一つの方法です。

ぜひお手入れもしっかりして
末長くお気に入りのがま口と付き合えたらいいですね。

おしまい

 

和田多摩子
この記事を書いた人
現在、自宅警備員を主な生業にしています。たまに恋愛コンサルタント資格を活かして恋愛コンサルなどもしています。 働いたら負けを座右の銘に独り立ちを模索中です。 副業ブログを本業ブログに成長させて キャンプ三昧の日々を送れるようにがんばります。
\ Follow me /

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です